公式ブログ

歯周病についてパート①

こんにちは

理事の康宏です。
急に暖かくを通り越して暑くなってきましたね。

さて、今回からは…歯周病の話をします。

歯周病といってピンとこない方は歯槽膿漏といえば分かりやすいでしょうか。

歯周病の原因は様々ありますが、

Ⅰ.細菌
Ⅱ.真菌(カビ)
Ⅲ.噛み合わせ
Ⅳ.糖尿病

etc.
が代表的な原因といっていいでしょう。

今日はⅠ.細菌についてお話します。

口の中には百数十~数百種類、数にして数兆~個の細菌がいるといわれていますが、腸内細菌と違い口の中の細菌についてはまだまだ解明されていないことばかりの分野ですが、悪さをする細菌については比較的昔から研究されています。

代表的な歯周病原菌は
① P.g菌
② T.f菌
③ T.d菌
④ A.a菌
⑤ F.n菌
⑥ P.i菌

特に、①~③はレッドコンプレックスといわれ多く存在すれば歯周病のリスクが高いと判定されます。
④は若年性歯周炎の原因菌で10~20代の方でも重症化し、かつ難治性の歯周病原菌です。
①,⑤は強い口臭の原因にもなります。
⑥は妊娠性歯周炎の原因となります。これは妊娠によるホルモンバランスの崩れにより起こる歯周病です。これはホルモンバランスが安定すると炎症は治まることが多いですが、そのまま慢性化する場合もあり、低体重児出産のリスクが高くなります。

そもそも、人はもともと胎児の時の口の中は無菌状態ですが、 産後1週くらいでレンサ球菌が定着し始めます。離乳時期になると様々な菌が定着し、ほぼ菌叢が固定されます。その後は、食生活や生活習慣などにより変化してきます。

口の中の菌は定着するとバラバラで存在する訳ではなく、単種で塊となりだんだん色いな菌が集まり多種の菌塊となり歯や歯茎、入れ歯に固着します。これをバイオフィルムといい、ここまで成熟すると歯ブラシやマウスリンスでは除去できません。
どうやって除去するかというと…歯医者で機械的に掃除するしかないというのが現状です。

理想は、妊娠する前や重度歯周病の方は、菌数を減らし徹底した歯周病治療をすることをお勧めします。

そのために当院では、菌叢、菌数を調べるための細菌検査後、検査結果に合わせた歯周病治療を行っておりますので、いつでもご相談ください。

アマルガムのお話 パート①

こんにちは、理事の康宏です。

 

先週末、会議で大学病院に行きました。

母校の付属病院は天満橋にあるのですが、

地下鉄の駅にものすごい人が、、、

そう、造幣局の通り抜けだったのです。

 

高校時代から天満橋に通ってた私にとっては

「桜→春」ではなく「通り抜けの混雑→春」だったので、

今年は久しぶりに春を感じましたブーケ2ハチ

 

さて、今回から数回 「アマルガム」についてお話したいと思います。

 

最近、医科の先生方と勉強会やセミナーによくいくのですが、

そこで歯科用アマルガムについて聞かれます。

 

アマルガムとは、近年ほとんど使われなくなってきましたが

厚労省が認可してる保険適応されている歯科材料です。

 

加工が容易で殺菌性に優れていたため

古くからよく使われてきました。

近年、レジンと呼ばれる白いプラスチック材料ができたため

ほとんど使われることはなくなっていると思います。

当院でも父が数十年前まで使ってたようですが、

私は見たことがないです目

 

さて、アマルガムの何の話かというと、、、

実は、アマルガムには50%の水銀が含まれているのですドクロ

 

ここでマメ知識ビックリマーク

 

1600~1800年代のイギリスにおいて

帽子の材料であるフェルトをなめすのに水銀を使っていて

この水銀蒸気を吸って記憶力の低下、素行の不備、

体のふるえなどに悩まされていた職人を

mad hatter(きちがい帽子屋)やhatter's shake(帽子屋のふるえ)と呼ばれていました。

 

それでも200年もの間、使用し続けられた背景には

当時の製法はイギリスにしかなく、貿易上秘密事項だったそうです。

 

あの「ふしぎの国のアリス」にでてくるマッドハッター(いかれ帽子屋)は

当時の時事ネタだったんですね!?

 

話もどして、日本における水俣病に代表されるように、

水銀は体内に入ると極微量でも蓄積され様々な症状がでてきます。

 

代表的な症状としては、

・疲れやすい

・集中力がない

・筋肉痛

・胃腸障害

・不眠

などがありますが、子供のADD(注意力欠如障害、多動症候群)

自閉症、パーキンソン病、アルツハイマーなども水銀曝露、、、

もう少し広義にいうと、重金属の蓄積によるともいわれています。

 

では、どうやって体内に取り込んでしまうのか?

 

まず歯科用アマルガムからの曝露。

歯に詰められたアマルガムからは1日平均1~10㎍

の水銀が蒸散されているといわれています。

 

また、水銀は25℃を超えると沸騰し始めます。

ですから、熱い物を飲んだり食べたりするだけで

口の中に水銀蒸気がでてきてしまいます。

噛むというだけでも水銀は蒸散します。

これを見てください。

 
https://www.youtube.com/watch?v=9ylnQ-T7oiA

怖いですね叫び叫び叫び

 

次に、体内に入る経路としてはワクチンです。

乳幼児期に受けるワクチンに、メチロサロールという防腐剤が入っています。

なんと、これがメチル水銀というもので、さらに毒性が強くなってます。

 

人間の脳への血管には血液脳関門という化学物質などを

通さない仕組みがあるのですが、これは3歳くらいにようやく成熟するので、

未発達な関門では脳へ水銀が蓄積されてしまいます。

 

こんなデータもあります。

国がワクチン接種の時期を3か月からに早めました。

すると3歳以前にワクチン接種する子が増えると

自閉症の子の数が比例して増加していると。

直接的な因果関係は明らかにされていませんが、

医学的常識に基づいて鑑みると、、、クロですね爆弾

 

残る経路としては、食・環境です。

魚介類、特にマグロ、メカジキ、バイ貝には水銀が多く含まれてます。

蛍光灯にも水銀入ってます。割ってしまっても吸い込まないようにしましょう。

 

怖い話ばかりしましたが、

これらをどうすればいいのか、、、正しい知識を身につけてください。

 

アマルガムは正しいやり方で除去すれば

ほとんど体内に取り込むことなく取ることは可能です。

 

ワクチンは取り寄せになりところが多いですので倍くらい

時間と費用はかかりますが、防腐剤フリーのワクチンもあります。

 

マグロも子供に食べさせるのであれば週に1回1切れくらいにする。

 

正しい知識を持つことで必要以上に神経質になる必要はありませんよチョキ

アマルガムのお話 パート②

こんにちは!

 

理事の康宏ですニコニコ

 

皆さんはGW楽しまれましたか?

私は仕事でしたが、休みの日にもかかわらず

いやな治療に通ってくださる患者さんもおられることに感謝ですかお

 

さて、アマルガムのお話の第2弾

 

今回からはもう少し専門的なお話です。

なぜアマルガムが悪いのか?

私も以前は「そんな大げさな~」と思っておりました。

しかし、勉強すればするほど、本当に怖くなってきました。

 

なぜかというと前回も書いたように、

私自身アマルガム治療をしたこともされたこともないのですが、

患者さんの治療でアマルガムを何の防護もせずによく除去していた時

不眠、重度の倦怠感などの体調不良は

アマルガムのせいだったのかな?と感じたからです。

 

そこから派生して分子栄養療法や高濃度ビタミンC療法など

いろいろ勉強していくと、驚きの連続です。

色々なセミナーに参加し、医科の先生たちにも教えていただいている最中です。

 

では水銀の話をもう少し詳しくしてみましょう。

水銀には化合物がいろいろあります。

 

1.金属水銀

歯科用アマルガムから放出される水銀蒸気は20~25℃で気化します。

それが皮膚・粘膜・肺を経由して吸収されます。

金属水銀の大きさは大小様々で測定可能な最小の大きさで0.4μmで

象牙細管(0.8~2.2μm)内を十分通過できるだけでなく

全身の臓器・組織に運ばれ、細胞膜(血液脳関門も含む)も

容易に通過し細胞内に固着します。

 

2.無機水銀

金属水銀とそれ以外の化合物がイオン結合している水溶性化合物。

これ自体、腸管からの吸収率が低く、肝臓腎臓を経由して体外に排泄されます。

毒性は低いといわれているが、SH基をもつタンパクと結合しやすく、

無機水銀が有機水銀になることがあるので、一概に毒性が低いとはいえない。

また、無機水銀には神経毒性を有しています。

 

3.有機水銀

炭素と金属が共有結合している脂溶性化合物。

脂溶性なので吸収率が非常に高く、

胎盤バリヤー・血液脳関門も通過しあらゆる臓器に蓄積する。

代表的なものでメチル水銀があり、これは水俣病の原因になった水銀で

3種混合ワクチン・日本脳炎ワクチン・インフルエンザワクチン・B型肝炎ワクチンに含まれてる

防腐剤(メチロサール)もメチル水銀です。

 

上記の体に悪影響を及ぼす順番としては

 

 有機水銀 >>> 金属水銀 > 無機水銀

 

圧倒的に有機水銀が害があります。

 

難しいお話になってきましたが、次回はもう少し難しくなります。

頑張ってわかりやすく説明しますので、また読んでくださいねパー

 

 

 

 

 

 

 

PS

水銀の怖さをお話ししたので、アマルガムが入ってたらどうしようと

考えている方もいらっしゃると思います。

今日は、口の中にアマルガムがある人はどうしたらいいのか?をお話します。

 

まず、全身的に症状があり、かつ水銀の曝露が原因と疑わしい場合、

口の中にアマルガムがあるかを歯医者でチェックしてもらってください。

だいたい症状がでている同側にアマルガム充填されていることが多いです。

 

ここで注意が必要なのは、アマルガムがあるからといって

なんでもかんでも削ってはずせばいいというわけではありません!!!

 

全身的な症状がなく、きちんと充填されているアマルガムは

基本除去する必要はありません。

なぜかというと、何の防御もせずにアマルガムを削ると

そのせいで水銀に曝露してしまうからです。

ですので、あくまでも全身的に何らかの症状があることが前提となります。

 

ただし、アマルガムやその周囲の歯が欠けていたり、

かみ合わせる歯に違う種類の金属の修復がしてあったり、

口の中にアレルギー様の口内炎ができていたり、と

全身的症状がなくても、はずした方がいいという場合もあります。

 

前述したように、何の防御もなくはずすことが一番ダメなんです。

一般的な歯医者ではどうしてもそのままはずしてしまうことが多いです。

これは、歯医者自身があまり拘ってないからともいえます。

本当に些細なことかもしれませんが、

削った後体調が悪くなってる患者さんも本当に多数いらっしゃいます。

 

当院でも、普通に削ってくださいという希望が多いのが現実ですが、

きちんと防護して除去されたい患者さんにも対応できます

ご希望の方はいつでもお声かけください。

アマルガムのお話 パート③

アマルガムドクロ のお話の続きで、

除去する際に注意しなければいけないことをお話しさせていただきます。


まず、重要なことはそのままはずさないということです。
お口の中にアマルガムはいってませんか?

前々回でもお話したとおり、擦るだけでも蒸気水銀が発生します。

それを削ったら、、、簡単に想像つくと思います。

なので、患者さんも我々歯科医師も防護して除去する必要があります。

 

さらに、体内に全く入らないという保証はないので

仮に入ったとしても、その影響を可能な限り低くするために

サプリメントの内服、ビタミンC点滴をしてから除去します。

 

除去も一度に複数歯しない。

体調があまり良くない時はしない。

除去後他の歯のアマルガムを除去する場合、少なくとも1~2週間はあける。

 

などなど、、、

 

いろいろありますが、このような方法で除去すれば

ほぼ安全といっていいでしょう。

 

大げさと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、

この方法でアマルガムを除去した患者さんで

全身的な不調が改善されたという方もいらっしゃいます。

 

アマルガムを除去すれば治るということではありませんが、

原因の一つであるということは確実にいえます。

 

原因がわからない全身的な不調がある方!